読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝る寝るねるね。

夢とやりたいことを遠慮がちに語っていく女子大生イラストレーター。たまにFGOガチャ日記になる。

春がくるので、有意義な学生生活の使い方をシェアします!

ごきげんよう

3月も残りあと今日含めて2日。

行かないで3月、、、やだ、、、別れたくない、、、

 

f:id:mrm11113:20170330070054j:plain

 

 

昨日帰り道、後輩からこんな話を聞いた。

Kくん「僕の地元名古屋なんですけど、名古屋はレジャー施設が売れますよ」

鈴木「ほう、その心は?」

Kくん「名古屋は、、、遊ぶところが、、、喫茶店くらいしかないんです、、、」

鈴木「ま、まじか」

鈴木「Twitterで『名古屋で美味しいものなに?』て訊いたらたくさん出るけど、観光するところどこ?って訊くとみんな黙るって訊いたんだけどどうなの?」

Kくん「アッそうです」

 

鈴木は名古屋に一人旅行に行ったことがあり、名古屋城行ったり明治村行ったらい徳川美術館行ったりしてなかなか楽しかったが、地元の人から見るとまた違うのかもしれない。日本で一番大きい?プラネタリウムとかあるけど小学校のときに行ってしまうらしい。

 

確かに鈴木も東京生まれ東京育ちの由緒正しい東京CITY GIRLですが浅草も築地も行ったことないしなー、そんなもんだな。

 

 

さて、今回は学生生活編。

 

長い受験期間を乗り越えた夢のキャンパスライフに血沸き肉踊らせている猛獣たちがたくさんいることでしょう。

 

そんな猛獣たちに朗報です。

大学に入る直前である今こそ、夢のキャンパスライフをさらに満喫させるための心得を知っておくだけで更にお得に!

 

上京してくる人もたくさんいるであろうこの春、ぜひそんな大学生活のためになることをシェアしようと思います。

 

  1. 興味のあるサークルや団体はすべて回るべし!
  2. 学校の利用できるところを全部探すべし!
  3. 大学の近くor定期内の名所を探すべし!
  4. 四年間でのやりたいことを探すべし!

シンプルにこの3つ!

さて参りましょう!

 

ではまず1つ目!

興味のあるサークルや団体はすべて回るべし!

人が団体に一番入ってくるのは4~5月、逆にそれ以外は内輪ができてしまって、とても入りづらいです!

そうなる前に、新入生が入ってきても大歓迎してくれる春の新歓期の間に気になるサークルや団体などはすべて見ていきましょう!

けっこうその時期は飲み会とかで奢ってもらえますよw

片っ端から自分に合うサークルとかを見に行くといいですね。

 

2つ目

学校の利用できるところをすべて探すべし!

おそらく大学に入ったら、バイト、留学、授業、ゼミ、遊び、、、色々なものに熱中すると思います。友達もたくさんできるでしょう。

特に留学なんかは学校によって制度や金額も全然変わってくるので、気軽に行けるところと行けないところがあります!「せっかく大学に来たのだから、奨学金を使ってカナダとかに行ってみたいな!」という子も少なくないと思います。

行きたい人は早めに調べて準備できるようにしておきましょう。

 

3つ目

大学の近くor定期内の名所を探すべし!

せっかく東京に来たのだから以下略。

私の大学は都内なのだが、新宿渋谷原宿全部定期券内!若者の聖地が全部入っているというオトクなバリューセットだ。

もちろん新宿渋谷原宿の美味しいお店は行くたびに調べまくっているし、実際知っていると、友人や先輩と遊ぶときにとても重宝するし、好感度が上がる(だいじ)!

また、大学の近くなんてのは、大学生に来てもらうために値段を安くしてやってる定食屋やカフェ、レストランなども多い。

それだけでなく、定期券内の場所や、ちょっと足を伸ばした場所などに、学校が早く終わった日など行ってみると浅草などの有名な場所じゃなくても、いいお店や面白い場所があるかもしれない!

鈴木的には、東京で唯一の渓谷の、等々力とかおすすめ。

retrip.jp

 

その4!

最後ですね。これが一番大事です。

東京にある学校の数は137校。毎年何十万もの学生たちが東京に夢を抱いてやってきます。

「こんなことが学びたい!」「東京で一旗あげたい!」「新しいことがしたい!」色々な思いをもっているでしょう。

大学の授業料は80~100万、きっとそのお金を出してくれているのはほとんどの人は両親だと思います。

別に親孝行しろ!などという気持ち悪いことを言うつもりはありませんが、あなたのために使ってもらってるお金です。

100万を使って、「大学生活、なにを得たんだろう?」と卒業式に思うような毎日を送っているのはあまりにもったいなく、その100万の価値は0に近いものになってしまいます。

授業でも、バイトでも、留学でも、サークルでも、恋人でも、なんでもいいと思います。

この大学四年間で、自身を持って「このために大学に来た!」と言えるものをなにか1つ、掴みとれると、社会に出たとき、30歳くらいになったときの人生の目標やら指標になるのではないでしょうか。

 

なんだかんだ、大学生が一番人生で自由で、人生最後に自由な時間だと思いますよ。

 

 

 

P.S.

karapaia.com

 

ダヴィンチもやることリスト作るんだったら、我々凡人がやることリストをせっせと作るのは当たり前やな、、、

昔も今も人間は変わらないのだなあ。 すずお